※ヴォールテンペリーレンでは一緒に弾いていただけるマンドラ、ギター、コントラバスの方を募集中です。お問い合わせからご連絡下さい


【トピックス】ノテ地域ケアセンター深沢 マンドリンのつどい

  ノテ地域ケアセンター深沢から昨年に引き続き、「マンドリンのつどい」への演奏ご依頼をいただき、訪問しました。この施設は東京・世田谷の東急田園都市線桜新町駅から徒歩15分ほどのところにあります。桜新町は駅前通りの八重桜やソメイヨシノの通りとサザエさんの町として知られていますが、少し入ると高級住宅街で、いくつかの学校もある文教地区です。

 今回は指揮者を含め15名が参加しました。2020年2月1日(土)午後2時から1時間ほどの演奏です。お客さんは3つのグループホームから約30名とスタッフの方の40名にお集まりいただきました。

 曲目は地元にちなんだ「サザエさん」に始まり、皆さんに歌っていただく「早春賦」「瀬戸の花嫁」など10曲。ちょんまげメドレーの「ああ人生に涙あり(水戸黄門)」やアンコールの「男はつらいよ」も歌詞カードなしで歌われ、水戸黄門では助さん、角さん扮装のお二人と黄門様役で寸劇をするなど皆さんとても積極的で、私たちも元気をいただきました。演奏の後は桜新町駅前の「権八」で反省会。次回からは秋の演奏会の練習も始めます。


サニーステージ星川 クリスマス マンドリンコンサート

 「一人ひとりに、日の当たる場所」を提供する介護付き有料老人ホームサニーステージグループの一つ、横浜市保⼟ヶ⾕区桜ケ丘にあるサニーステージ星川でのマンドリンコンサートに出演しました。ここは相鉄本線「星川」駅より徒歩12分の緑に囲まれた自然環境で、園芸クラブや生け花が盛んです。

 今回ヴォールテンペリーレンから参加したのは10名。2019年12月8日(日)午後2時から食堂での1時間ほどの演奏です。お集まりいただいたのは約50名。曲目はリクエストのあったマンドリンの代表曲「丘を越えて」と「愛の賛歌」、一緒に歌っていただく「リンゴの唄」「ミカンの花咲く丘」「憧れのハワイ航路」の3曲。サニーステージ星川では音楽療法を取り入れ、ピアノ伴奏の歌をいつも練習しているため皆さん上手です。また、クリスマスにちなんで「ホワイトクリスマス」「サンタが街にやって来る」を取り上げました。「マンボNO5」では高校時代にマンドリンクラブにいたという職員の方もパーカッションで参加され、賑やかになりました。プログラムの最後、定番の「ちょんまげメドレー」では黄門様になっていただきました。アンコールは「赤鼻のトナカイ」で好評に終ることが出来ました。

 その後、星川駅の近くにあるガストで忘年会。これでヴォールテンペリーレン2019年の行事は終わりです。2020年は2月と5月にボランティアの演奏会、8月の合宿、秋の演奏会などを予定しています。


2019年 秋のカフェコンサート

 スナックとコーヒーを召し上がっていただきながら、気楽にマンドリン演奏を聴いていただこうという、レストラン「West」でのカフェコンサートを2017年8月5日(土)に開催しました。

 音楽好きのお店のママから「また、やらない」とのお誘いで、秋のカフェコンサートとして今回の演奏になったものです。渋谷・宮益坂裏カフェレストラン「ウェスト」は渋谷では貴重な昭和の香りのするレトロな洋食レストラン。

 2019年10月5日(土)は真夏が戻ってきたような30度を超す暑さの中でしたが、開演の3時前には50名ほどのお客様にお集まりいただきました。

  曲目はマネンテのミモザとお休みなさいミミを始めに演奏。その後メリーポピンズから、スーパーカリフラジリスティックエクスピアリドーシャス、2ペンスを鳩に、チムチムチェリーの3曲、他にハレルヤ、ボヘミアンラプソディ、The Roseなどとナットキングコールの生誕100年にちなみ、クラリネットの田中政彰さんも参加してIt’s Only a Paper Moon、スマイルやL・O・V・Eなどのスタンダードナンバーも取り入れました。スターダストは浅川貴司によるエレガットでのソロなど、バラエティーのあるライブとなりました。アンコールにはディズニー映画のリメンバーミーと2020年応援ソングのパプリカを演奏。恒例となったアクセサリーの当たる抽選会もあり、皆様楽しんでいただけたようです。

(曲目の内容に関しては秋のカフェコンサート曲目解説をご参照下さい)

これ以前の記事は活動報告をご覧下さい。